新潟の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん上越店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん上越店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

雪は均一には積もらない


屋根には色々な形状があります。

切り妻・片流れ…。

1軒の家でも下屋があったりと色々な形状があります。

上からただ下に降る雪なんて滅多にないことで、実際には風にながされたり、壁にたたきつけたりと様々な降り方をします。

その降り方が積もり方に影響します。

積もり方が違えば屋根の負担、そして思ってもいないような屋根雪の落ち方をします。

 

平屋の事務所

平屋のショップ兼事務所です。

本屋根は片流れで、玄関部分のみ本屋根と異なった方向に下屋があります。

雪と屋根(横)

玄関の屋根を北側から写した写真です。

けっこう雪がのっています。

降雪量が多かったわけではありません。

雪が吹き飛んでいかずに、外壁が風よけとなり積もってしまっています。

 

玄関の雪(東)

東側から見るとこのようになっています。

玄関屋根雪の右側が高くなっているのがわかります。

左側は風で吹き飛んでいるので、積雪が少ないです。

同じ高さ、同じ形状であってもこれだけ積雪量の差が出ます。

 

 

玄関屋根の雪
雪と屋根(横)

左は別な日に撮影した写真で、右は今回のもの。

天候条件によっては左のように均一に降ることもありますが、これはごくまれでほとんどの場合は右のような積もり方をしています。

切妻屋根の雪

切妻屋根のこの写真はわかりやすいです。

北側から撮影しており、西側から強い風雪がたたきつけています。

 

屋根雪の積もり方が均一ではないということがわかっていただけかと思います。

 

これが何に影響するのか?

屋根の傷みにつながります。

自然落下式の屋根では雪が紙やすりのように屋根の塗装を削ります。

なぜどめのついた屋根では雪はほとんど動かないですが、雪がとどまっているので雪がのっている間は常に水にさらされていることになります。

 

なぜどめのついた下屋のあるお家で「まだ塗装しなくて大丈夫」と思っていたら、本屋根はかなり痛みが進んでいたということもあります。

屋根雪は均一に積もっているわけではないので、このようなことが起きてしまいます。

新潟は屋根にとっても外壁にとっても過酷な地域です。

特に上越はご存知のように雨が多いです。

 


なんとなくでも屋根や外壁の塗装が気になっている方は、ぜひ新築のお家も建てている地元工務店である安心・信頼のある『街の外壁塗装やさん上越店』にご相談下さいね。

現場ブログも書いてますので、参考にしてみて下さい。

ご相談は0120-503-092へ!

メールでもお問合せできますよ。

 

 

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 上越市高田地内M様宅屋根塗装工事を行いました!上塗り車庫編

前回は納屋部分の上塗りについてしましたが、今回は車庫部分についてします。 車庫部分は元々、屋根のサビや色落ちが酷く、ボルトも取れてしまって結構ボロボロな状態でした。 ですが、下塗り(さび止め)、中塗り、上塗りをしたことにより見違えるような屋… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 上越市南本町 N様屋根板金・屋根塗装工事

今回は上越市内にある長屋住宅の屋根塗装の調査をしてほいいとのご依頼です。 お客様ご本人は県外にお住まいで、上越市内にあるご実家のご相談です。 「県外に住んでいても、実家なので修繕したい」とのことでした。   後日、日時を決めて上越市の現場を… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 20年間一度も塗装していない

新築でお家を建てて、そのあと外壁を全く塗装もせずにほっておいてしまうとどうなるのか。 コーキングが劣化し、コーキングの意味をなさなくなります。 そこから雨水が浸入してきます。 コーキング部分だけでなく、外壁そのものが劣化して水がしみこみ、そ… 続きを読む