新潟の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん上越店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん上越店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

外壁塗装〜下塗り材ってなんだろう?〜


はじめに

いよいよメインの外壁塗装についてです。

ここまでの仮説作業をこなした後にいよいよ塗装がスタートになります!!

主に外壁塗装の工程は下塗り→中塗り→上塗りの段階に分かれています。

塗料や工法によって多少異なる部分はありますが、大体はこの順番で塗装を行なっていきます!

塗料による保護を強くする為には全部で3回以上は塗らなければいけないのです。

外壁塗装業者

下塗りの役割

下塗りについての説明です。

下塗りは色をつけることを目的とした塗装ではありません

下塗りをする目的は色を着けやすくする役割があります。

上塗り塗料を壁にしっかり密着させる為の薬剤を塗る様なイメージを持っていただけたら早いと思います。

下塗りは塗装というよりも下地調整の一部と捉える業者さんもいらっしゃるくらいです。

下塗り塗料紹介

下塗り専用塗料「シーラー」

ボロボロな壁の中に染み込み固まります。

シーラを塗って置く事により後からの作業をしやすくします。

 

下地の状態により使い分けをしたりします。

下塗り材紹介

シーラー、プライマー、フィラー、バインダー、下塗り材

例え

例えとして、あまり劣化をしていない壁に下塗りを行うときによく使用されるのが「シーラー」。

壁の状態としては細かいクラックが多く見られる外壁に塗るときに使用されるのが「微弾性フィラー」。

まとめ

劣化がひどい下地にシーラーを使用しても上塗り塗料がうまく定着しないなどの問題が発生します。

そうならない為にも適切な下塗り材を選択する事が必要になります。

そして基本的には後から塗る塗料に合わせて適切に下塗り材を変えていきます。

複数回塗る場合ももちろんありますし、そうなった場合お値段の方も高くなります。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 上越市高田地内にて後付け屋根外しと玄関、窓の調整です!

本日から作業を開始していきます!! 作業を開始するに当たりまず行う作業は足場の組み立て作業になります。 外壁塗装や屋根塗装をするのに当然必要なことになります。   ですが、ここで問題が発生しました!(問題というほどのことでは無いのですが・・… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 上越市高田地内にて外壁と屋根の塗装依頼を受けました。本日は現場調査日です!

上越市高田地内にお住いのKさんからの依頼で、外壁と屋根の塗装工事を行います。 なぜ今回塗装工事を行うことになったかを聞きましたところ、 最初は工事もする気が無かったそうです。 そこに他社のリフォーム屋さんが訪問営業に来たそうです。 Kさんは… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 上越市高田地内M様宅屋根塗装工事を行いました!上塗り車庫編

前回は納屋部分の上塗りについてしましたが、今回は車庫部分についてします。 車庫部分は元々、屋根のサビや色落ちが酷く、ボルトも取れてしまって結構ボロボロな状態でした。 ですが、下塗り(さび止め)、中塗り、上塗りをしたことにより見違えるような屋… 続きを読む