新潟の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん上越店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん上越店

街の外壁塗装やさん上越店

〒944-0108

新潟県上越市板倉区長嶺610-1

TEL:0120-503-092

FAX:0255-81-4702

おかげさまで上越市や糸魚川市・妙高市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-503-092

[電話受付時間] 8時半~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  • > 外壁からの雨漏りは意外と多い!その原因と解決方法

外壁からの雨漏りは意外と多い!その原因と解決方法


外壁からの雨漏り必ず止めます

 雨漏りというと普通は雨が直接当たる屋根からと考えがちですが、実は外壁に問題や原因があることも多いのです。「雨漏りしたので業者に屋根を点検してもらったけど、『特に問題はありません』と言われた」という方も外壁から雨漏りしていたケースが実は多いのです。

外壁からの雨漏りは気付きにくいため重症化しやすいので要注意!

 屋根からの雨漏りの場合、その病状の多くは天井に現れます。

 染み込んできた雨水は途中で含水したり、遮るものがない限り、下に向かって垂直方向に移動していきますので、大抵の場合は天井に雨染みができることになります。

屋根からの雨漏りは天井に表れわかりやすいが、外壁は被害が見えにくい
なぜ外壁からの雨漏りは気付きにくいのでしょうか?

 外壁からの雨漏りも染み込んできた雨水は下に向かって垂直方向に移動していきます。

 含水したり、遮るものがない限り、横方向には移動しないので、お部屋の壁に明らかに雨漏りの痕跡である雨染みができにくいのです。

 外壁から浸入してきた雨水はほとんどの場合、防水紙でシャットアウトされます。

 防水紙を突破したとしても断熱材があり、ここで含水されてしまい、お部屋の壁に雨染みを作るまでには至らないことがほとんどです。

 お部屋の壁に明らかに雨染みと分かるような跡を残すには、雨漏りが始まってからかなりの時間が経過しているか、一度に大量の雨水が浸入してきたか、どちらかのケースがほとんどなのです。

外壁、雨水の浸入箇所と補修方法

1.サッシからの雨漏り

 窓を取り付けてあるサッシ、その廻りに充填されているシーリング材が経年で傷んできたり、サッシを固定している釘やビスなどの緩んだり、変形してしまうことで雨水が浸入してきます。

サッシ枠のシーリング劣化
木部の雨染み
補修方法
before
before
矢印
下矢印
施工中
施工中
施工中
矢印
下矢印
after
after

●シーリング材の増し打ち、または打ち替え

●サッシの正常な位置への固定、もしくは交換

※サッシの取り付けや構造によってはシーリング材を完全に撤去し、打ち替えが困難な場合もあります。その場合、増し打ちを推奨します。

2.窯業系サイディングの目地部分、シーリング材の劣化による雨漏り

 窯業系サイディングの目地に充填されているシーリング材が劣化し、痩せたり、ひび割れたり、剥がれたりして隙間ができてしまい、そこから雨水が浸入してくるケース。

補修方法
before
before
矢印
下矢印
施工中
施工中
施工中
矢印
下矢印
after
after

●シーリング材の打ち替え

これまでのシーリング材を撤去し、新たに充填することによって雨水が浸入してくる隙間をなくします。

3.幕板からの雨漏り

 窯業系サイディングに取り付けられている幕板、実は横方向の目地を隠してスタイリッシュすることが目的の場合も多い。つまり、その裏には目地があり、そのシーリング材が傷んでいることで雨漏りしていることも。

補修方法
before
before
矢印
下矢印
施工中
施工中
施工中
矢印
下矢印
after
after

●シーリング材の打ち替え

 窯業系サイディングのシーリング材の打ち替えと同じです。幕板を取り外し、これまでのシーリング材を撤去し、新たに充填することによって雨水が浸入してくる隙間をなくします。その後、幕板を元通りに戻します。

4.外壁の傷や変形による雨漏り

 モルタルの外壁に発生しやすいクラック(ひび割れ)、窯業系サイディングの反りなどの変形や割れ、釘の抜けた穴など、雨水が浸入しやすいことが分かりやすいケース。

クラックが入った外壁
サイディングの反り
釘の抜けた外壁にある穴
補修方法

●軽微な場合

モルタルの外壁の場合、クラックにパテやシーリング材を充填し、ひび割れを補修。窯業系サイディングが変形しており、それが軽度の場合はビスなどで固定し、矯正して固定。釘穴などはパテやシーリング材を充填し、埋める。

before
before
矢印
下矢印
施工中
施工中
施工中
矢印
下矢印
after
after
before
before
矢印
下矢印
施工中
施工中
施工中
矢印
下矢印
after
after

●中程度の場合

 モルタルの外壁の場合、クラック部分をU字やV字にカットし、パテやシーリング材でその部分を埋め。弾性塗料で外壁塗装する。窯業系サイディングの場合、変形度合いが大きかったり、割れてしまっている場合はその部分の交換。

before
before
矢印
下矢印
施工中
施工中
施工中
矢印
下矢印
after
after

●大規模な場合

モルタルの外壁の場合、外壁カバー工法を実施し、全面的に金属の外壁材で覆ってしまう。窯業系サイディングの場合も全面的に金属の外壁材で覆ってしまう外壁カバー工法を実施するか、全面的にサイディングを張り替える。

before
before
矢印
下矢印
施工中
施工中
施工中
矢印
下矢印
after
after

5.水切り金具の不具合による雨漏り

 お家には取り合い(違う部材同士が接合する部分)からの雨水の浸入を防ぐため、さまさざまなところに水切り金具が使われています。この水切り金具の不具合によっても雨漏りが発生します。

コーキングが劣化した水切り金具
補修方法

●軽微な場合

水切り金具の固定が不安定となっており、それが原因で雨漏りしている場合はしっかり固定し直します。シーリング材を使用する場合もあります。

before
before
矢印
下矢印
施工中
施工中
施工中
矢印
下矢印
after
after

●中規模の場合1

 水切り金具が設置されていても、その性能が不十分ということもあります。これまでは雨漏りとは全く縁がなかった建物でも、近隣に建物が建ったり、山林などが切り開かれ、風向きが変わり、これまでの水切り金具では処理できないということもでてきます。高さが充分なものに交換したり、大きなもので水切りカバー工事を行うことによって、水切りの金具の性能を上げることで外壁からの雨漏りを防げます。

before
before
矢印
下矢印
施工中
施工中
施工中
矢印
下矢印
after
after

●中規模の場合2

 水切り金具などへの物理的な傷、変形や凹みによっても雨漏りは起こりやすくなります。変形によって雨水を招き入れやすい形状になってしまう可能性もありますし、内部の固定が外れているかもしれません。土台と外壁の境い目部分の水切りなどは鉢植えなどを壁際に寄せた際にぶつけてしまうこともあるでしょう。ベランダやバルコニーなどサッシの開口部が出入り口となっている場合、サッシの下側の水切りは蹴飛ばされたり、履物が当たったりして変形することあります。変形が激しい場合は交換した方がよいでしょう。

before
before
矢印
下矢印
施工中
施工中
施工中
矢印
下矢印
after
after

●中~大規模の場合

 水切り金具が錆などで腐食している場合は新しいものへと交換します。大きさが合わない・間違った向きで設置されている場合も正しい部品や正しい向きで設置しなおします。本来、水切り金具が設置されていなければならないのに、設置されていないことも稀にあります。そうした場合は新しいものを設置します。

before
before
矢印
下矢印
施工中
施工中
施工中
矢印
下矢印
after
after

  「この前の台風では大丈夫だったのに今回の台風では雨漏りした」、「同じ暴風雨でも雨漏りする時としない時がある」、お客様からこういった話を聞くこともあります。不思議に思える現象ですが、実はきちんとした理由があるのです。

理由は風向きとお家への風の当たり方とシーリングの不良

 お家の外壁には戸袋やシャッターボックス、換気扇のフード等、さまざまなものが取り付けられています。

 このさまざまなものは風を受けると少なからず変形したり、その時だけ取り付け位置が微妙にずれたりします(風が止めば元に戻る)。

 お家の外壁と取り付けられているものの間には雨水が浸入してこないようにシーリング材で覆われていますが、こちらの劣化が進んでしまいますと、窯業系サイディングのところで説明したとおり、痩せたり、ひびが入っていたり、剥がれたりしてしまうのです。

強風が外壁に影響を与え、雨漏りする仕組みイラスト

 通常時は問題ないように見えるシーリング材でも実は割れたり、剥がれたりしているとしたら、どうでしょうか。

 例えば、換気扇のフード廻りに普段はぴったりと収まっているように見えるシーリング材、その接着面が剥がれていると強風でそのフードが煽られた場合にのみ、隙間ができることになります。

 この時、雨が降っていればその隙間から雨水が浸入してきますから、雨漏りへと繋がるのです。

 シーリング材を貫通しているひびの場合も同じです。接着面がしっかりしていても、強風に煽られるとフードの変形やずれに追従し、貫通しているひびが拡大し、そこから雨水が浸入してくることになります。

 穏やかな天気の日に外壁を点検しても雨漏りの原因が見つからないのに、強風時に雨漏りが発生する原因の大半はこれです。

 同様のことはしっかり固定されていない窯業系サイディング、外壁を貫通させて引き込んでいるアンテナケーブルや電話線のシーリング部分にも起こります。

 雨漏りに本当に詳しい業者じゃないと、まず見つけることはできません。

室内への浸入を許してしまう前にプロによる点検をオススメします
補修方法
before
before
矢印
下矢印
施工中
施工中
施工中
矢印
下矢印
after
after

 外壁に取り付けられているものをしっかり固定し、シーリングを打ち替える

※電話線・電線などは電話会社や電力会社でなければ工事が不可能だったり、許可がなければ工事が不可能の場合もあります。

 雨漏りが発生する仕組みはとてもシンプルで『雨水が浸入してくる隙間が必ずどこかにある』からです。このような隙間がないのにお部屋に水が染み出てくるのは上下水道管からの漏水か、結露です。

 漏水や結露はさておき、前述のとおり、雨漏りが発生する仕組みはとてもシンプルなのですが、その雨水の浸入箇所を特定するのは習熟した業者でないと困難な場合もあります。

 場合によっては「雨漏りを繰り返しており、業者に何回も修理してもらっているのに一向に解消する気配がない」といったことも起こりえるのです。

 少なくとも、お家全体の構造を熟知している業者に依頼する必要があるでしょう。

お住まいの無料点検はお任せ下さい
上越市、糸魚川市、妙高市、長岡市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん上越店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時半~18時まで受付中
phone0120-503-092
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん上越店に