新潟の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん上越店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん上越店

街の外壁塗装やさん上越店

〒944-0108

新潟県上越市板倉区長嶺610-1

TEL:0120-503-092

FAX:0255-81-4702

おかげさまで上越市や糸魚川市・妙高市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-503-092

[電話受付時間] 8時半~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

雪国の木製ベランダをキシラデコールで塗装しました


木製ベランダ

「ウッドデッキにしたいけど雪でいたむから、木製ではない樹脂製のものにした」

時折、耳にする言葉です。

樹脂製のものは手入れがほとんどいりません。

 

「木製にしたけどメンテナンスはどの程度必要?」

そんな方に実際に木製のウッドデッキのメンテナンス状況をご紹介。

 

上越市の築18年のお家です。

外壁塗装は7年ほど前に行っています。

木製部分は外壁や屋根よりまめな塗装が必要です。

特にベランダは人が乗る部分なので塗装が重要です。

 

雪国の木製ベランダ

こちらのベランダは西側にあり、雪が吹き込みにくいように柵の内側にラティスをつけてあります。

雪の吹き込みを完全に防げるわけではないので、やはりある程度は積もります。

冬に2階のベランダを使うようなことがないため、冬は除雪をせずにそのままです。

除雪するとスコップで表面をかえっていためてしまいます。

高床式住宅の木製ベランダ

高床式住宅の1階部分にもベランダがあります。

床はコンクリート製で柵と手すりが木製です。

自然落下式の屋根から庭に落ちた雪が柵の下端まできていますね。

大雪の年にはてすりの上まで雪がくることがある状態です。7

 

木製ベランダは2階より1階のほうが痛みがでています。

風の影響は2階のほうが受けますが、1階のほうが雪に埋もれる分水分による痛みがでているものと思われます。

2階のベランダは南西に柵がついているので風の抜けがよいです。

1階は西側だけが柵、南側は腰壁で北側は家の壁となっているため、2階より水分が抜けにくい構造です。

 

2枚上の写真の翌々日に撮影した2階ベランダです。

雪はすでにとけ、水気もほとんど残っていません。

板と板の間には隙間があるのでそこから水が落ち、板が乾燥しやすくなっています。

ぴったり板をつけてデッキをつくってしまうと、この隙間部分が溝となり水がたまってしまいます。

 

木製ベランダの裏側

この2階ベランダの裏側は新築後18年の間に塗装を一度行っただけです。

現在で塗装後7年目です。

裏側以外は3年に一度程度で塗装をしています。

 

塗料はキシラデコールを使いました。

外部木部ではよく使われる塗料です。

キシラデコールは被膜をつくらない塗料で木部に浸透します。

木部の劣化やカビなどを防ぎ、防腐効果もあります。

シンナー系塗料のように刺激臭はありません。

色も豊富です。

 

浸透する塗料なので、「今までは茶色だったら今度は白に!」と思って、白で塗装しても白には仕上がりません。

数年ごとに塗装が必要なので、あまり濃くない色がおすすめです。

使っている木材によっても色の出方が違います。

 

木製階段

こちらは弊社のショップ兼事務所です。

壁の一部と階段に木製のものを使っています。

築2年をむかえ、壁はなんともないですがウッドデッキ階段にいたみがいたみがみえてきました。

 

階段は東側、雨雪が直接あたり、日当りのよい場所にあります。

階段を再塗装することにしました。

前述のベランダと違い、金属スコップで除雪しているので表面をいためやすいです。

西側にも同じような階段がありますが、東側のほうが使用頻度も高くいたみが早かったです。

 

同じ時期に建築されたものでも、使用頻度・使い方・日光・雨のあたり方など色々な条件でいたみ具合が変わってきます。

階段は白くかすれた感じになっていました。

雨水もしみ込んでしまうようになってきましたので塗装です。

このような状態になったら、塗装する時期と思ってください。

 

 

ウッドデッキ塗装

塗料はキシラデコールではなく柿渋塗料を使いました。

室内の無垢床材や無垢ドアなどの木部につかえる塗料で、安全性が高いです。

こちらもキシラデコール同様に被膜をつくらない塗料で、塗ったそばから染み込んでいきます。

塗料の吸収がよいので、2度塗りしています。

 

キシラデコールと柿渋塗料の仕上がりを比較すると、キシラデコールのほうが粘性が低く、水をはじきます。

柿渋塗料のほうがマットな仕上がりになります。

ウッドデッキ塗装前後

左が塗装後、右が塗装前。

全然違いますね。

「こんな中途半端に塗って、あとで真ん中がムラにならないの?」と疑問に思う方、

この塗料の特徴ですが、このように時間差でぬっても「ムラ」はでません。

ご安心ください。

 

数段だけの塗装でしたので、養生をいれても30分かからずに終わりました。

 

 

塗装が終了しました。

お店など不特定多数の人が通る場所で困るのは塗装直後。

通れないように規制できませんので、紙をしいて固定しておきました。

通交する人はこの紙の上を歩いて通ります。

紙をはずしたあとも、もちろんなんの支障もでていません。

 

 

金属とは違い、木部の塗装は当然錆止めは必要ありません。

被膜をつくる塗料であれば1回目の塗装が完全にかわいてから塗装しなくてはいけないので時間がかかります。

キシラデコールや柿渋塗料はその分、工期が早いです。

 

木部は腐ってからでは遅いので、まめな塗装をおすすめします。

外壁塗装はまだ大丈夫であっても、木部だけは早めに塗装してくださいね。

 

 

 

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 上越市高田地内!玄関庇の増築工事、完了しました! -7

今回は、上越市高田地内で進めています、I様邸・玄関庇の増築工事も最終となりました。今日は雨樋工事の作業状況とビフォー・アフターの状況を報告します。 前回までで、コーキングと塗装までが終了できた状態です。残すは、雨樋の設置を残すのみです。 瓦… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 上越市高田地内!玄関庇の増築工事、塗装工事に入ります! -6

前回は、独立柱の基礎用ステンレス金物の取付施工状況を報告しました。今回はコーキングの施工状況と塗装工事の進捗をお知らせします。 この写真はコーキングの施工の状況を写しています。玄関庇の増築部と大きくない施工の範囲ですけれども防水に係ってくる… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 玄関庇の増築工事、上棟しました!上越市高田地内! -5

前回は、増築部の屋根瓦葺き、軒天井の施工状況をお知らせしました。今回はその時に間に合っていなかった独立柱の基礎用ステンレス金物の取付施工状況を報告します。 写真は、前回までの状況です。屋根の瓦葺き施工は終了できている状態です。ですけれどもよ… 続きを読む
上越市、糸魚川市、妙高市、長岡市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん上越店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時半~18時まで受付中
phone0120-503-092
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん上越店に